チェルシー所属、ブラジル代表DFダビド・ルイス選手。

チェルシー所属ブラジル代表DFダビド・ルイス選手は、その独特の髪型に特徴があります。
ポルトガルの名門ベンフィカでの活躍が認められ、イングランドの地にやってきますが、新天地でも活躍を見せ、一気に中心として活躍します。

ダビド・ルイス選手の特徴はDFながら攻撃参加も得意で、ドリブルやシュートもうまい点です。
この辺はさすがブラジル人といったところで、フリーキックのキッカーにも任命されることがあります。

しかし、集中力を欠いてしまうこともあり、監督からもファンからもいまいち信用を得られず、ダビド・ルイス選手はフランスの名門パリに移籍します。
ここでも主力として活躍し、チームのリーグ優勝に貢献しますが、欧州最強を決めるチャンピオンズリーグでは、バルセロナのスアレスに1試合で2回また抜きをされて得点を許す等、大きな批判を浴びてしまいます。

ダビド・ルイス選手はその後、夏の移籍市場締切のぎりぎりになって、再びチェルシーに戻ってきます。
この移籍には疑問を投げかける人が多く、チェルシーの移籍戦略は笑いの対象にもなってしまいますが、それでも古巣で輝きを取り戻します。
チームリーダーとしての役割を全うし、また落ち着きを取り戻した冷静な守備でチームを救い、ダビド・ルイス選手は優勝に貢献します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です