珍しく弱音を吐いたイチロー選手。でもまだまだ見たい!

メジャーリーグで一番長く活躍している選手と言えば、イチロー選手だと思います。
もう43歳になりますが、若いころと変わらない維持された体型は本当に尊敬します。

ストイックに自分を追い込んでいる証拠ではないでしょうか。
2001年から2010年までは年間200本安打を達成し、2016年に日米通算3000本安打を達成してアメリカでも認められたレジェンドです。
守備も素晴らしいですし、変幻自在にヒットを打ち分ける姿は見ていてスカッとします。

2015年からはマーリンズに移籍し、今シーズンは出場機会が減り打率も1割台と低迷しています。
5月6日から17日ぶりに23日出場しましたが、本人も久々のフル出場で「体力がない、体がフワフワしている感じ」と珍しく弱音を吐いていたそうです。

今までそのような発言は聞いたことがないように感じます。
「年齢は関係ない」と言っていたので今回の発言はちょっと意外でした。

でも、イチロー選手が今まで残してきた成績やこの年齢まで現役でトップ選手として活躍し続けていることの影に相当の努力があったように思います。
自分のすべてを野球に注いで好きな野球にずっと携わっていられるイチロー選手の人生はきっと幸せなのでしょう。
イチロー選手のことですので、弱音もリップサービスだと思いたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です