武豊騎手には60歳までジョッキーを続けて欲しい!

今年で48歳のJRAの武豊騎手は、大阪杯と天皇賞春というG1レースを勝っておりまだまだ健在であるとアピールしてします。
しかし一度も崩れたことがなかったキタサンブラックで挑んだ宝塚記念では、1度も先頭に立つことなく惨敗しました。
この敗戦が余程堪えたのか、その後の中京開催は散々な結果に終わりました。

武豊の同期の蝦名騎手や1つ上の横山騎手は、今年に入り低迷しており武豊騎手の成績はちょっと異様とも言えます。
今年もドバイにも参加しましたし、札幌で行われるワールドオールスタージョッキーズにも選出されました。
リーディングトップの戸崎騎手に比べて勝ち星は半分以下ですが、武豊がまだまだJRAの顔なのです。

しかし全盛期の4割に満たない勝ち星しかあげられないのは、武豊ファンとしては悲しいものがあります。
特にずっと格下だと思っていた福永騎手にこの数年間ずっとリーディングで負けているのは残念です。

最近のリーディングはエージェント次第と揶揄されています。
福永騎手のエージェントは関西No.1の小原氏で、岩田騎手と四位騎手と馬を回し合って勝ち星を伸ばしています。

それに対して武豊騎手は専属エージェントで、馬の回し合いができません。
今度エージェントが1人体制になるらしく、馬の回し合いが解消されれば、もう少しリーディングの順位は上がるでしょう。

武豊騎手はこれまで数々の落馬事故で休業を余儀なくされました。
今度落ちたら最後だと思うので、怪我なく60歳まで続けて欲しいというのがファン一同の望みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です