卓球の張本選手は決して浮かれることのない選手になる。

今年の世界卓球で一躍有名になった張本智和選手。
まだ中学2年生で顔はあどけなさが残りますが、身長も高く技術的には大人並みです。
気持ちが全面に出ているようにも感じますが、戦術的には冷静沈着で頭の良さを感じます。

そんな張本智和選手を育てた両親のインタビューを見たのですが、両親ともに張本智和選手の活躍をかなり冷静に見ていることが分かりました。
特にお母さまは「卓球が人生のすべてではない」と遠征中も張本智和選手に「勉強しましたか?」と尋ねるそうです。

両親ともに卓球選手でお母さまは世界選手権に出場するほどエリート選手だったそうです。
けれど、大学には進学しなかったことが張本智和選手への育て方にあるのではないかとお父さまは分析しています。

そして、お父さまは張本智和選手が小学生時代から数々の大会で優勝した後でも「小学校ではチャンピオンではない」と言い聞かせておごることがないよう育てたようです。

「勝負の世界では人間力の差が最後に出る」という日本卓球連盟の方の言葉通り、ご両親が人間力を高めてくれたからこそいざという時に冷静になって勝てるのではないかと感じます。
今後も決して浮かれることのない、地に足のついた選手に育っていくのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です