小林誠司選手(読売巨人ジャイアンツ)は球界一の捕手になれる?

読売巨人ジャイアンツの小林誠司選手はチームの顔であり、正捕手と言える存在でありますが、彼の場合には代表チームでも正捕手を務めた経験があります。
2017年のWBCでは正捕手としてチームのベスト4に貢献し、日本のプロ野球ファンのみならず、世界のファンが小林誠司選手の存在を知ったことでしょう。

この大会では自慢の強肩のみならずバッティングでも貢献し、良いところでヒットを打ち、打点をあげていたのです。
しかし、小林誠司選手の場合にはやはりバッティングが課題と言えます。

この大会では打撃成績は良かったものの、プロ野球のシーズンでは同じようにはなかなかいっていないので、まだまだ打撃が課題になるのです。
リード面の成長は見られると思いますし、肩は元々強かったというのもあります。

そして、日本代表で正捕手を務めて、チームをまとめ上げると言う経験をしている分、リーダーシップもあると言えるでしょう。
だから、キャッチャーとして必要な能力のうち、かなりの部分はすでに持っていると言えるのですが、やはりバッティングについてはまだまだ不十分でしょう。

往年の名捕手と比べるのは酷ですけど、小林誠司選手がもっと打てるようになれば、チーム内でも、日本代表でも不動の正捕手の座を射止められると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です