川崎フロンターレ中村憲剛選手、年齢を感じさせないプレーでチームを牽引。

J1の舞台でチームの中心・大黒柱として活躍する中村憲剛選手。
現在36歳となった今でも年齢を感じさせないプレーでチームを牽引しています。

35歳だった昨シーズン、自身初となる「JリーグMVP」を獲得しています。
年齢を増すごとに成熟を見せる中村選手のプレーは必見です。

ボランチや攻撃的ポジションを複数こなせる中村選手は、オシム監督時代に日本代表にも選出されています。
その後のW杯にもメンバー入りしています。

ベテランと呼ばれる年齢になった今、中村選手のような選手が日本代表に選出されてもおかしくないと思います。
会見などでハリル監督も「川崎の35歳の選手」と明言したうえで中村選手の日本代表バックアップメンバーの構想に必要不可欠と信頼を寄せています。

アジア最終予選を戦う日本代表も負傷者が続出しています。
清武選手や香川選手、「彼らの代わり」というにはもったいないくらいの中村憲剛選手。
経験を積んだ選手こそ代表に選ばれてほしいと思います。

川崎でもJリーグはもちろんACLでも存在感を発揮する選手。
他にもガンバ大阪の遠藤選手、磐田の中村選手、中村選手は代表引退を表明していますが、遠藤選手や中村憲剛選手のようなベテラン勢の力も日本代表には必要だと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です