広島東洋カープ福井優也投手のこれまでと今後

岡山県 西粟倉出身の福井選手は愛媛の済美高校に進み1年秋から主力選手として活躍しました。
秋季神宮大会ではダルビッシュ擁する東北高校にコールド勝ちとエースとして活躍します。
選抜高校野球では初出場初優勝という快挙の立役者であり、済美高校の「やればできるは魔法の合言葉」という校訓を世間に広めました。

その後福井選手は3年次には主将でエースという大黒柱として活躍し、夏の甲子園にも出場します。
大学では早稲田大学に1年浪人して進学します。
福井選手の話では、この1年が高校時代酷使した肩を癒す期間であってそれがよかった。と話しています。

早稲田大学では、斎藤佑樹、大石達也と並び早稲田三羽カラス、と呼ばれる活躍を見せます。
高校時代142キロがマックスだったストレートを150キロ以上を計測するようになり一躍ドラフト候補として名乗り上げます。
その後広島東洋カープに1位指名された福井選手はプロ1年目からローテーションを任され8勝をあげます。

しかし、制球に難があり、四死球の数が多いため、コーチ陣には「今は新しい変化球よりも、今持っている得意球を磨け」との声をかけられます。
そのアドバイスのお陰でしょうか、2015年にはキャリアハイの9勝をあげました。
これからの活躍が楽しみな選手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です