吉田麻也選手、プレミアリーグのサウザンプトン所属

サッカーの母国イングランドで活躍中のプレミアリーグ、サウザンプトン所属の吉田麻也選手についてレポートしたいと思います。
プレミアリーグと言えば現在のフットボールの世界において最高峰のリーグだと私は考えています。
去年のシスターシティに所属していた岡崎選手の活躍は記憶に新しいです。

今季リーグが始まった時、吉田麻也選手は控えでした。
開幕戦でスタメン出場したものの、あとはカップ戦などの出場のみに終わっていました。

私も正直言ってプレミアリーグで主力として活躍するのは難しいと考えていました。
なぜなら世界各国の代表選手がスタメンに名を連ねているから、実績・経験でやはり吉田麻也選手は見劣りします。

ジョゼ・フォンテ(ポルトガル代表)の他チーム移籍、
ビルヒル・ファンダイク(オランダ代表)の怪我による長期離脱により吉田麻也選手にチャンスが来ました!
ポジションがディフェンダーということもあり、あまりメディア等での取り上げられ方は地味ですが、間違いなく今年最も活躍・成長した選手の一人として私は見ています。

その証拠にプレミアリーグ100試合出場、クラブ年間表彰式で会長賞、プレミアリーグ終盤戦ではキャプテンを任されています。
もっと成長し続ける吉田麻也選手に今後も目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です