田中正義投手の最適な起用法は?

5球団の競合の末にソフトバンクに入団した田中正義投手。
分厚いと言われるホークス投手陣の中に食い込み開幕ローテーションに入れるか?と言われていますが、実は田中正義投手の最適の起用法は先発ではなくリリーフではないでしょうか?
そしてリリーフは方が活躍する可能性が高いのです。

近年ホークスは高校生の先発候補の右投手をドラフト指名しています。
即戦力でなく数年後に出てきてくれたら万々歳という指名です。

で現に去年一昨年のドラフト1位指名の投手が今年先発ローテ入りを目指しています。
がその結果リリーフ陣の高齢化という新たな問題が浮上しています。

またストッパーは助っ人のサファテでいつ大リーグ復帰を目指すとか条件の良いチームに移籍するとなりかねません。
そういう事を考えると抑え投手の確立はホークスにとって重要な事です。

そこで田中正義投手です。
彼には150キロ後半のストレートに多彩な変化球と抑えの適性十分なんです。

田中正義投手には肩の故障の過去がありますが、先発で長いイニング投げるより1イニングの連投の方が負担が少ないという考えもあり、田中正義投手にとってそちらの方が活躍出来るのでは?と思います。
ホークスが再び王者に返り咲くために「ストッパー田中正義」と提案したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です