福永祐一騎手の怪我と復帰

スワンステークスで落馬骨折した福永祐一騎手の復帰時期が来年とかなり遅くなりそうな感じですね。
職場の競馬仲間は「いぇ~いざまぁ」と小躍りして喜んでいましたが、福永祐一騎手はリアルスティールでかなりやられているので、しょうがないなと思ってみていました。
馬もかわいそうでしたが同僚もリアルスティールが出るたびに結構かわいそうでしたからね。

福永祐一騎手の場合、やられるよりやるほうの印象がかなり強いので、ある意味いいお灸をすえられたのだと思います。
本人は良い馬が集まりだして、さらにここからといったところでの怪我なので、やり場のない怒りを抱えているかもしれませんが、どちらかといえばこの休みをいい機会にして、福永祐一騎手には騎乗を見直してほしいですね。
全治4ヶ月らしいので、リハビリとあわせると半年はありますから、見直すにはいい期間だと思います。

落馬した時の馬のローブティサージュは無事なようでよかったですね。
GⅠ馬なうえにこの後牝馬として子供を作っていかなければならないことを考えると、そろそろ引退させて繁殖にあげてもいいのではないかと思います。
最近は牝馬の方が走る傾向が強かったので、使い続けているのかもしれませんが、これを機会に引退させてあげてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です