アーセナル所属、イングランド代表のジャック・ウィルシャー選手。

アーセナル所属のウィルシャー選手は、10代で名門アーセナルのメンバーとして試合にも出場しており、将来を嘱望されていました。
しかしウィルシャー選手の最大の欠点は怪我の多さであり、若いうちから何回も怪我を繰り返し、そのたびに離脱を繰り返していました。
しかし復帰すればすぐに活躍し、クラブでは10番を与えられていました。

しかし、その後もウィルシャー選手は怪我を繰り返し、また、プライベートでも問題を多く起こしてしまっていました。
友人と煙草を吸う姿を何回もパパラッチされてしまい、そのことについて何度も監督から批判されていました。
その後、ウィルシャー選手は、アーセナルから同じプレミアリーグのボーンマスにレンタル移籍します。

移籍先では怪我もなく、主力として活躍し、かつての輝きを取戻しつつありましたが、シーズン終盤に再び骨折のけがを負ってしまい、戦列を離れます。
現在は、来季の所属先についてアーセナルに復帰するのか、ボーンマスに残るのか、それとも他のクラブに移籍するのかは未定ですが、いずれにしてもまずは怪我を治して復活してほしいです。
ウィルシャー選手は、イングランド代表にとっても欠かせない存在ですので、怪我に対して強い肉体を維持し、1シーズン通して活躍できるようになることを希望します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です