香川真司選手は世界的な選手に返り咲くことができるか?

ドルトムントに在籍する香川真司選手は、皆さんご存知でしょう。
日本人の方ならほとんどの方が知っている日本の10番ですが、近年は調子を崩していました。

その理由として挙げられるのが、香川真司選手のサッカーをプレイするときのひらめきや一瞬の判断と周りの選手が噛み合っていなかったことです。
香川真司選手は周りの選手をうまく使いながら自分も輝くタイプです。
周りの選手との考え方やイメージが合っていないと、ずれが生じてしまい最大の才能であるゴール前でのひらめきが起こりません。

しかし、最近の香川真司選手は体を強くしたりロングパスを効果的に使う事で、新たな武器を手にしています。
フィジカルやパス精度が上がったことによってすごい選手になって復活しています。

香川真司選手は、もともと一番の才能であるゴール前でのひらめきに加えて、フィジカルの強さとパス精度が加わることで再び世界的なビッグクラブで活躍する可能性もあります。

ビッグクラブであるマンチェスターユナイテッドから移籍した原因は、チームや監督との考え方や戦術の違いが大きかったのだと考えられます。
これから更にドルトムントで結果を出して、ビッグクラブに移籍した時に前よりもすごい世界的な選手になると確信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です