大宮アルディージャ、大前元紀選手の活躍を期待

2017シーズンに、新たに大宮アルディージャに清水エスパルスのエースで10番を背負っていた大前元紀選手が加入しました。
大前元紀選手といえば、全日本高校サッカー選手権での得点王に輝き、その名を全国に轟かせ、プロに入ってからも清水エスパルスで得点を量産し実績を積み重ねてきました。

身長は160センチ台と小柄ながら、ストライカーとして豊富な得点パターンがあり、シュートの技術が一番のストロングポイントで、決定力が抜群の選手です。
アルディージャは、昨シーズンまでエースとして君臨していた家長昭博選手が、川崎フロンターレに移籍してしまったので、大前元紀選手には大きな期待をしています。

家長選手の移籍により、ネガティブな感情に支配されていましたが、実績十分の大前元紀選手を獲得出来たことで、どのようなチームに変貌し、素晴らしい結果を出してくれるのかと、シーズンが待ち遠しくなりました。
大前元紀選手も、高い意識を持っていて、チームとしてタイトルを獲得することと、個人では日本代表に入ることを目標にするそうです。

大前元紀選手の能力を考えれば、十二分に代表選手の資格があると思います。
2017シーズンに圧倒的な成績を叩き出して、チームとしても、個人としても、ステップアップ出来る年になることを信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です