ブンデスリーガ、ドルトムント所属の香川真司。

日本代表10番の香川真司選手。
私はスポーツをテレビで観るはこの香川真司選手のプレーをみることが一番の楽しみです。
なぜかは自分でもよくわからないのですが、応援したくなります。

試合を見ると本当にその日のメンタルで調子が左右されてしまうんですけど、日本人離れの卓越したボールタッチと広い視野を持っています。
ドルトムントは速攻がとても速いチームなので、香川真司がMFでボールを素早く的確にさばかないといけません。
それを香川真司選手はいとも簡単にやってのけます。

周りは屈強な選手ばかりなのですが、まったく臆することなくチームにチャンスを作っていきます。
また、ドリブルもトップレベルで狭いエリアを縫うように仕掛けていけることも魅力の一つだと思います。

日本代表ではあまり結果を出せていないように思いますが、メンタルに左右される姿は普段どこにでもいる人なのだと感じるところは、香川真司選手のいいところだと思います。
やはり日本代表の10番というのは日本を代表している選手という事になります。

プレッシャーがかかって当たり前だし、自分がもし日本を背負ってプレーしようものなら死んでしまうようなプレッシャーだと思います。
そのプレッシャーから逃げずに挑んでいくのをみていると、「自分ももっと頑張ろう」という気持ちになります。

香川選手のような方はなかなかこれからでてこない気がします。
香川選手がこれからどのような人生を歩まれるのか楽しみにしています。
自分も香川選手にならって挑戦していく気持ちを強く持って日々を送っていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です