アルビレックス新潟、攻撃的MF加藤大選手の走行距離

Jリーグでは毎年得点ランキングとか年俸ランキングなどが好評されますが、公式サイトでは試合ごとのチーム別・個人別の「走行距離」というデータが見れます。
昨年の年間ランキングを見ると、上位20傑のうちなんと11もの順位を加藤大選手が占めました。

加藤大選手の距離は一試合での最高が14.44kmという驚異の数字。
「走るサッカー」が特徴のアルビレックス新潟ですが、それにしても、です。
海外に目を向けてもここまで走る選手はなかなかいません。

加藤大選手は、三菱養和SCのユース出身で、年代別代表にも選ばれてきた選手です。
アルビレックスへ入団してからはなかなか出場機会に恵まれず、愛媛FCにレンタル移籍をしたこともありましたが、そこでは得点にも絡む活躍を見せ、2014年に新潟へ復帰。以降はレギュラーの座を勝ち取っています。

新潟でCKやFKを蹴るのは加藤大選手です。
ただ走るだけでなくテクニックを持っています。

youtubeの動画で見たことがありますが、コーナーからゴール目の前にあるゴミ箱にボールを蹴り入れるというゲームで見事にホールインワンしていました!
加藤大選手は、こんなテクニシャンなのです!

攻守に追われるボランチでもないのに、試合を見ていると、あれ、いつのまに戻ったの?あれ、いつの間にかゴール前にいる!こんなことがしょっちゅうです。
ぜひ今シーズンも走る加藤大選手を応援したいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です