福岡ソフトバンクホークス、川崎宗則選手の大きな存在感

いつかは帰ってきてくれるだろうと信じていましたがまさかこんなに早く帰ってきてくれるとは思いませんでした。

こんなに早く、とは言っても川崎宗則選手も今年36歳になるんでそういうことを考えると微妙なところですが…

川崎宗則選手がメジャーに旅立って彼の定位置だったショートの守備は今宮があとを引き継ぎ、いい選手に育ってくれました。

そして川崎川崎宗則選手長年なかなかパッとした選手がいないセカンドを守り、打撃のほうも好調です。

なにより、川崎宗則選手のあの存在感がベンチにあるというのがとてもホークスにとってはプラスでしょう。

ホークスには松田、内川などよく声の出る選手がいますが、やはり川崎宗則選手の圧倒的かつユニークな存在感は唯一無二のものだと思います。

メジャーでも面白い選手としてよく紹介されていたようですし、こういう選手がチームにもたらすポジティブさはスポーツをするうえで非常に重要だと思います。

正直、帰ってきても2割中盤くらいの成績残してくれればいいと思っていたのですが成績も今のところチームでもいい方です。

まわりにもたらすものも大きいし、経験も豊富なので工藤監督やコーチ陣は本当に助かっているのではないでしょうか。

ひとつ気になることといえば、得点圏打率の低さが気になりますがそのうち3割くらいになってくれることを願うばかりです。

もともと勝負弱いということもありませんでしたので、今は分母が小さくて成績が悪く見えているだけだと思います。

シーズン通して川崎宗則選手がレギュラーで出場できるようにケガに気を付けて最後まで頑張ってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です