アーセナル所属、スペイン代表のエクトル・ベジェリン選手。

アーセナル所属のエクトル・ベジェリン選手は、スペインバルセロナの下部組織で育ちましたが、トップチームでの出番がないままイングランドに移ってきました。
ポジションは右サイドバック(SB)で、持ち味はスピードにあります。

当初はアーセナルの右SBはフランス代表のマテュードビュッシーがいたため出番はありませんでしたが、その選手の怪我を機に、エクトル・ベジェリン選手の出番が訪れます。
スピードを活かして相手を置き去りにしたり、逆に攻めている選手に追いついてボールを奪ったりと、持ち味を最大限に発揮して、チームの勝利に貢献し、そのままレギュラーポジションを獲得し、ドビュッシーを移籍に追いやります。
アーセナルでの活躍が認められ、スペイン代表にも選出されるようになり、今まさに世界でもトップレベルのSBに成長しました。

現在では古巣のバルセロナが再び獲得に乗り出そうとしています。
バルセロナの右SBは現在人材不足で、どうしてもそのポジションを務められる選手がいないことから、エクトル・ベジェリン選手が適任と考えられています。
移籍するにしても、かなり高額な移籍金が発生すると考えられます。

エクトル・ベジェリン選手自身、以前はスペインに戻る気はないと言っていましたが、果たして移籍してしまうのか、去就が注目されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です