陸上長距離、大迫傑選手!自分に合った練習で着実に結果を!

陸上長距離の大迫傑(おおさこすぐる)選手は、現役の日本人長距離選手の中で最も期待されている選手の一人です。
佐久長聖高校時代は、全国高校駅伝でアンカーを務め、同校の初優勝に貢献、早稲田大学時代にも出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝と大学駅伝3冠を達成するなど、学生のころからトップクラスの活躍を見せていました。

大迫傑選手は、『学生最速ランナー』と呼ばれたこともあるほどです。
大学4年の時に、大迫傑選手は10000mで世界陸上初出場を果たしていました。

この頃から、世界トップクラスの長距離選手が所属するクラブ、ナイキオレゴンプロジェクトの練習に参加し、アメリカを練習拠点とします。
「自分にはスピードが足りない」と感じていた大迫傑選手は、長い距離を走るよりもスピードを重視して中距離を走る練習が自分に合っていると判断し、オレゴンプロジェクトへの加入を希望します。
大学卒業後は日清食品グループに入社し、ニューイヤー駅伝の1区を走り区間賞を獲得しています。

しかし、日清食品グループは1年で退社、2015年3月からナイキオレゴンプロジェクトに正式加入し、大迫傑選手はプロランナーとなります。
オレゴンプロジェクトの自分に合った練習で着実に力を伸ばし、同年7月には5000mで13分08秒40という日本新記録を出し、この結果により世界陸上出場も決定しました。

大迫傑選手は、2016年には日本選手権で5000mと10000mの2冠を達成し、2017年のボストンマラソンでは初マラソンながら3位に入りました。
トラックでもマラソンでも通用する稀有な存在で、今後の活躍に期待できる選手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です