大井の帝王、的場文男騎手が7000勝を達成!次は日本記録更新

大井競馬の的場文男騎手が5月17日の川崎競馬で佐々木竹見さんに次ぐ史上2人目の地方通算7000勝を達成しました。
的場騎手は現在60歳、「大井の帝王」の愛称でファンに親しまれています。
もちろん、日本の地方、中央をあわせて最年長のレジェンドです。

的場騎手といえば、やはりその独特な追い方が印象的です。体全体を上下に動かしながら、腰を入れて馬を前に押し出す騎乗フォームは「的場ダンス」と呼ばれています。
武豊騎手の追い方を見たことがありますか?自分の体は馬の背に並行に保ち、なるべく、馬の邪魔をしないフォームです。

中央競馬では、武騎手のように綺麗なフォームで馬に乗る騎手が多いのですが、近年、ダートでは「的場ダンス」を取り入れた騎乗スタイルが増えています。
そんな、フォームを見ると「的場文男リスペクトだな」と思ってしまいます。

44年で7000勝を積み上げてきた的場騎手ですが、東京ダービーだけは勝つことができていません。
数年前の東京ダービーの日の最終レースのパドックで、ダービー勝利を逃した的場騎手に対して、中年男性が、ヤジを飛ばしている光景を目にしました。

的場騎手の騎乗に対して、難癖をつけていたのですが、的場騎手がパドックから姿を消した時、その中年男性は哀しげに「だから、ダービー勝てないんだよ」とつぶやきました。
その男性は的場騎手が大好きだったのだと思います。
だからこそ、悔しかったのでしょうね。

的場騎手を嫌いな大井競馬のファンはいない、本当にファンに愛され続ける騎手です。
現在、日本で最多勝利記録7151勝を持つのは、「川崎の鉄人」こと佐々木竹見さんです。

的場騎手がこの記録を抜くことは、大きなけがなどがなければここ1年のうちに達成することができるでしょう。
1年でも長く騎手を続けて、勝利記録を更新し、誰も抜くことのできない数字を打ち立ててほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です