吉見一起投手の完全復活で優勝だ!

中日ドラゴンズ大好きです。
投手王国と言われ常勝軍団と言われたのは昔の話。
ここ最近のドラゴンズの低迷ぶりは目を覆いたくなるものがある。

そんな中、元エースと言われた吉見一起投手が今、完全復活を遂げるかもしれない可能性がある。
吉見一起投手と言えばドラゴンズの黄金時代を支えたエース。
最多勝2回、6年連続2桁勝利とまさに球界を代表するエースだった。

しかし以前痛めて手術した肘の調子が思わしくなく2013年からはわずか10勝しか挙げていない。
エースの座も大野雄大に変わりすっかり吉見一起投手は過去の人になってしまった。

しかし昨シーズン吉見一起投手は1試合100球という球数制限のなか21試合に登板6勝7敗という成績を残し、復活の兆しが見えてきた。
昨年のドラゴンズはリーグ最下位。
かつて投手王国といわれた面影はなく2桁勝利したピッチャーはゼロだった。

しかし、今年は2月のキャンプインから吉見一起投手が飛ばしている。
肘の調子も良いのか早くも投げ込みを開始している。
元々、俺が俺がタイプの吉見一起投手だがさすがに開幕投手に手を挙げることは今のところは遠慮がちなのかないが、今年のドラゴンズのカギを握るのは吉見一起投手といっても過言ではない。

セリーグははっきりいって団子状態、どこが優勝してもおかしくない。
ここ数年、低迷して名古屋ドームもガラガラと寂しい限りではあるが、ここは吉見一起投手の完全復活で優勝して欲しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です