横浜DeNAベイスターズ、濱口遥大投手のチェンジアップ

横浜DeNAベイスターズの濱口遥大投手は大学卒業後に即戦力として期待されプロに入りました。
しかし、濱口遥大投手はドラフト1位ながら、制球に難があるとされており、そこがプロで通用するのか?疑問視している声もあったのです。

実際にプロの試合で投げてみると、確かに制球はよくないですし、四球を多く出して球数が増えてしまい、長いイニングを投げられないという課題も見つかりました。
でも、同時に濱口遥大投手の良いところも見つかったのです。

それが彼の決め球であるチェンジアップです。
濱口遥大投手は制球がよくないのですが、その反面三振をとれるボールもちゃんと持っているのです。

したがって、四球を出してピンチを作っても、そこで決め球のチェンジアップで三振をとるというシーンを何度か演出しています。
制球の悪い投手がみんなプロで活躍できていないわけではないので、その欠点を補える別の武器があれば、十分プロで活躍できる可能性はあるでしょう。
濱口遥大投手の場合はそれがチェンジアップになる可能性が高いと思います。

まだ若いのでこれからの投手ですが、横浜DeNAベイスターズの先発ローテーションに入ってチームに貢献するには制球を少しでも良くすることも大切かもしれませんが、いざというときに頼れるチェンジアップの力をいかに発揮させられるか?ということも重要になってくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です