クールな丹羽孝希選手がガッツポーズ!男子シングルスで初の8強へ!

ドイツで行われている世界卓球・男子シングルスで丹羽孝希選手が地元ドイツのエース・オフチャロフ選手に勝利に自身初のベスト8入りを果たしました。
オフチャロフ選手はリオオリンピックの団体銅メダルのメンバー、丹羽選手はオフチャロフ選手と過去に何度が対戦していますが一度も勝ったことがありませんでした。
二人ともスピード卓球でラリーの応酬となり、見応えのある試合になりました。

セットの取り合いで勝敗は最終セットまでもつれ、丹羽選手が接戦をものにしました。
13歳の張本智和選手やダブルスの大島・森薗選手がポイントを取ると派手なパフォーマンスと叫び声を上げるを前日まで見ていたため、丹羽選手を見ると「決めたんだからもっと喜べばいいのに」と思ってしまいます。

元々、感情を表に出さないタイプの丹羽選手。ただ、今回は少しずつボルテージも上がってきて、勝利の瞬間は大きなガッツポーズをしていました。
次の対戦は中国の次代のエースと言われる 樊 振東選手です。

リオでは平野選手と同じくリザーブとして帯同してはいたものの、試合に出ることはありませんでした。
アジア大会でも優勝、現在世界ランク2位の強敵です。

しかし、ここを勝てはメダルが確定します。
東京五輪に必ず出場してくる選手、丹羽選手のスピード卓球が最強の中国選手にどれくらい通用するのか期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です