三浦知良が50代現役で魅せる本当の偉大さ

横浜FCの三浦知良が50歳でのJリーグ出場という偉業をを達成しました。
三浦知良は若い頃にブラジルへ渡り、レギュラーを勝ち取った後に日本へ帰国し、Jリーグの得点王になるなどの大活躍をしました。

その後も日本代表としてワールドカップの出場に貢献をしたり、セリエA初の日本人選手となったりと、その活躍ぶりには目を見張るものがあります。
しかし、一番の偉業は今現在の三浦知良という存在なのではないでしょうか。

50歳を超えて、運動量が多く、コンタクトも激しいサッカーというスポーツで、プロとして活躍しているということ自体が偉業です。
三浦知良は、どうして50歳を超えてまで、厳しい練習に耐えてサッカーを続けるのでしょうか。

インタビューなどを読むと、サッカーが好きだから、ただその思いでサッカーを続けているようです。
そして、サッカーを辞める時は、自分が必要とする練習ができなくなった時だと考えているようです。

レギュラーになれなくなった時ではありません。
好きな事をできるだけ長く続ける。
そのために鍛錬を積み続ける。

この姿勢こそが、三浦知良の全ての功績の中で最も自分達に勇気を与えてくれるものなのではないでしょうか。
自分が好きなことをやり続けるために、厳しい鍛錬を自らに課すという三浦知良の姿勢は、多くの人達の心を動かします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です