四大陸フィギュア選手権の羽生結弦選手と宇野昌磨選手

2018年に韓国で開かれる平昌オリンピックが1年と迫りました。
オリンピック会場となる本番のリンクで開かれる四大陸フィギュア選手権がもうすぐ開催されます。

世界選手権への弾みとなる大会といった位置づけですが、今回は来年のオリンピックの雰囲気を味わうための大会となるかもしれません。

日本からは男子は羽生結弦選手、宇野昌磨選手、田中刑事選手が出場。

羽生結弦選手は昨年の全日本選手権をインフルエンザの影響のため欠場していますが、シーズン後半に強い選手なのでどこまでの演技・点数が出るか楽しみです。

意外にも羽生結弦選手は四大陸選手権は制覇したことがないといいます。
2011、2013年は銀メダル、それ以降は出場していないのです。

宇野昌磨選手は全日本選手権を制覇し、今シーズンから跳び始めた4回転フリップも自分のものにしています。

安定さえすれば羽生結弦選手に近づける点数を持っている選手だと思うのでノーミス演技が見てみたいです。

アメリカからは数多くの4回転ジャンプを成功させているネイサン・チェン選手とジェイソン・ブラウン選手が出場します。

ブラウン選手は4回転を多く跳ばない選手ですが、ジャンプ以外にスケーティング技術やスピンで点数を稼げる選手です。
何よりも美しい所作が好きで応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です