斎藤佑樹、崖っぷちから復活への活路

昨年のプロ野球界は北海道日本ハムファイターズの一年であった。
序盤から隙の無い野球を魅せ、中盤にソフトバンクに差をつけられながらも地力を見せつけ最後には優勝を勝ち取った。

大谷翔平という球界のスーパースターを備えながらも、根幹には走攻守しっかりと揃った若手、ベテランが融合し栗山監督の繊細な采配も加わり勢いのあった広島カープも総合力で上回り日本一を見事成し遂げた。

その輝かしいチーム、若手の躍進の陰で斎藤佑樹が人一倍悔しい思いをしたのは想像に難くないだろう。

斎藤佑樹は、高校、大学での華々しい活躍から一転、プロデビュー以来は実績を残せず、近年はメディアやファンから度々のバッシングを受け続けている。
活躍できでいないというプレッシャーや常に注目される存在である事が彼を神経質にさせ悪循環に陥ってしまっているという気持ちも理解出来る。

しかし実力主義のプロの世界では活躍できないと首になったり、若手でも容赦なく「お疲れ様」と肩を叩かれる時が来るのだ。
球界的にはドラフト1位の選手を首にすると、フロントやスカウト陣の手腕が疑われることになるので、芽が出るまである程度待ってみようという観念が存在する。

しかし、斎藤佑樹程度の成績ならば数年で首にされてもおかしくない成績であるのが現状であるし、いわゆる”執行猶予期間”はもう終わっている。

昨年のチームの躍進を目の当たりにし、さらに早稲田大卒の後輩も華々しく活躍する姿を見て、闘争心に火がつかない訳が無いだろう。
人間、逆境の時ほど悔しさやコンプレックスをバネにし活躍する可能性を秘めているものである。

このような状況下で彼が這い上がるには一旦、”栄光やプライド”という過去の遺産を投げ捨てる必要があるでは無いだろうか。
「斎藤佑樹は一度死んだ」というくらいの振り切りと新たな気持ちが、自ら作ったハードルや虚栄心といった壁を取り除いてくれるだろうと私は今シーズンの斎藤佑樹に強く期待している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です