日本で活躍し続ける剛腕。阪神タイガース所属メッセンジャー投手。

日本でプレーする外国人選手は打者が目立つかと思います。
「歴代最強助っ人外国人は?」みたいなアンケートでも大抵上位にランクインするのは、バース、ブライアント、カブレラ、ローズ、ラミレスといったホームランの打てる強打者です。

一方投手は打者に比べると観戦者の印象に残らない傾向があります。
しかし、このメッセンジャー投手は、歴代の強打者に劣らない優秀な外国人選手です。
メッセンジャー投手は今年で日本生活8年目になるのですが、最多奪三振のタイトルを2回、最多勝のタイトルを一回取っています。
またタイトルだけでなく、短期決戦などの勝負どころに強いのが特徴です。

メッセンジャー投手の投球スタイルは、身長198cmの巨漢から投げ降ろす最速157kmのストレートにカーブ、スライダー、フォークといった変化球を持ち球にしたものです。
人物像ですが、メッセンジャー投手はラーメン好きで知られ、登板前日には必ずラーメンを食べているそうです。

以前、メッセンジャー投手が天下一品に来店した際、「チャーシュー以外を具材にするのは正直邪魔だね、具材がないほうが本来の味が楽しめてとても美味しいんだ」とこだわりを語っていました。
以前、メジャーからのオファーを蹴り、阪神残留を決意したことがありましたが、このエピソードにはひょっとすると、ラーメンも関係しているのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です