石川歩、千葉ロッテマリーンズのエースはこいつだ!

パリーグに所属する千葉ロッテマリーンズに所属する石川歩。
石川歩は、入団1年目に新人王を獲得した先発ピッチャーだ。
マリーンズには、絶対的なエース涌井が在籍している。

しかし、2016年シーズンの安定感で言えば、涌井よりも石川歩であろう。
マリーンズファンの人達このよう思ってる人は多いのではないだろうか。

石川歩は、どのようなピッチャーなのだろうか。
ストレートこ平均が140kmで、MAXが150kmを越える。
そして、決め球のシンカー、スローカーブも投げる。
このストレートにスローカーブを混ぜ、最後、低めにシンカーが決まれば、そう簡単に打ち崩せるピッチャーではない。

そんな石川歩は、2015年までは正直言うと、そこまで安定感のあるピッチャーではなかった。
「石川歩が投げるから勝てる」と思うよりも、「今日は大丈夫なのか」と心配の気持ちのが強かった。
立ち上がりは何一つ問題ない。

しかし、問題は5回又は6回にあった。
石川歩が崩れるのはこの中盤なのです。
ここで3点、4点失うことが多かった。

しかし、2016年シーズンの石川歩は違った。
崩れない。
とにかく崩れない。
安定感抜群のピッチャーに変貌していたのだ。

2015年シーズンはとにかく全力で投げていたようなのだが、2016年シーズンは勝負どこでギアを上げ、余力残しながらピッチングしたようなのだ。
その結果、2016年シーズン最優秀防御率というタイトルを獲得出来たのだ。

もうすぐ、2017年プロ野球が開幕する。
マリーンズが上位に食い込めるか。
それは石川歩にかかっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です