佐藤琢磨、インディカーシリーズで日本人初の快挙!

アメリカで大人気のモータースポーツ、インディカーシリーズ。
年間を通して各地でレースが行われますが、5月28日に決勝が行われたインディー500で、佐藤琢磨選手が日本人ドライバーとして初めて、優勝の快挙を成し遂げました。

モータースポーツの世界で、世界三大レースと呼ばれているものがあります。
F1モナコグランプリ、ルマン24時間、そしてもう1つがこのインディー500です。

ドライバーにとって憧れのレースで、実際今回のインディ500には、現役F1ドライバーにして2度のF1総合優勝の経験を持つ、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソ選手も参戦しました。
彼ほどのドライバーでも、インディ500の優勝はどうしても欲しいタイトルだったのです。

佐藤琢磨選手もF1での経験があります。
佐藤琢磨選手が、F1ドライバーとして唯一表彰台に上がったのも、くしくも今回インディ500が開催されたコースでした。

彼はインディカーシリーズに新天地を求め、2013年ロングビーチで初優勝を飾っています。
もちろん、この時も快挙でした。

しかし、今回のインディ500での優勝は、ロングビーチでの優勝とは比較にならないくらい大きな価値を持つものです。
クラッシュが相次ぐ荒れたレース。
200周のレースのうち、ラスト5周でトップに躍り出た佐藤琢磨選手。
2位の選手にわずか0.2秒差での勝利です。

喜びを爆発させる彼の雄叫びが、無線を通して観客と視聴者にも届きました。
優勝のインタビューの中でも、佐藤琢磨選手の口から出た殆どの言葉は、監督やメカニック、スタッフへの感謝の言葉でした。

ドライバーとしても人間としても素晴らしい佐藤琢磨選手。
今回のインディー500の優勝は、モータースポーツの歴史に間違いなく彼の名前を刻むことになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です