マンション売却で高く売る方法は相見積もり!

私がマンションを売却したのはもう15年程前になります。
バブルが弾けてから大分経ち、不動産の価格も下がる一方でした。

でも、家族が増え、2DKの間取りでは狭すぎるようになったので、一戸建てに買い替えをしようと思いました。

私達が住んでいた地域は、急行は停まらない駅でしたが、駅から徒歩3~4分。
周囲にはスーパーや医院、学校、市役所等、生活に必要な施設は総て揃った便利な所でした。

まず3社程の不動産会社に査定してもらいましたが、3社とも同じ価格でした。
1つの不動産会社の担当の方が良い方だったので、そこでマンション売却をお願いしようと思ったら、退社したとのこと。
とても残念でしたが、別の会社と契約しました。

初めての売却で、一般媒介と専任媒介についてもあまり気にしませんでした。
また、気にする間もなく、50万円値切られてマンションは売れてしまいました。

あとから、別の不動産会社から聞いたのですが、駅近の物件ならば、余程古いとか汚いということがなければ、必ず売れるということでした。
50万円値切らなければ良かったと思いました。

今マンションを売却するなら、一般媒介にして、広く買い手を探すと良いと思います。
3~4社の不動産会社で話をし、仕様や設備等について詳しく聞いてくれるところが良いと思います。
その方が、物件について詳しくサイト等に載せてくれ、サイトを見た人の気を引くからです。

参考:マンションを高く売る方法

マンション売却で高く売る方法は駅近物件購入!

20年前に母が、駅前のマンションを中古で購入しました。
本来なら資産価値はかなり下がることが予想されますが、今回、マンション売却するのに、ある程度の値段がつくことがわかりました。
購入した時よりは下がりますが、それでも思った以上に高い値段で買ってくれる人がいます。

近くには、市内でも有名な病院があり、年齢が高い方が通うのに便利だということで評判になっています。
経済的に裕福な方がセカンドハウスとして購入することもあります。

広さも家族で住めるくらい、70平米です。
駅前の物件なので単身赴任の男性が住むケースもありますね。

これからの物件選びは郊外よりも、便利がいいところを購入するほうが、資産価値が高く、マンションを売却するときに困りません。
人口減少の時代のですので、不便な地域は敬遠されるのです。

集合住宅なので管理費が必要ですが、母の住んでいる物件では壁を塗りなおしたので、外から見ると、まるで新しい建物のように見えます。

結婚するときに同居かどうか悩んでいたり、親の住んでいる家をリフォームして2世帯にしよと思っている夫婦の方もいると思います。

もし同居するなら中古マンションを買ったほうが心の平和が保てますよ。
親世代にとても同居は窮屈なので、近くに住んでよく遊びに行くほうが、仲良くできます。
今の時代、不動産選びなら地域は重要なポイントです。

マンション売却で高く売る方法と買い替え購入

最近はアベノミクスの影響などもあって、景気が上向く時期にあります。
それだけに私たちの生活もこれからどんどん良くなっていくことを期待できます。
そんな世の中であるため、マンション買い替えの為の購入とマンション売却はどんどん積極的にしていくべきなのです。

確かに一度せっかく購入したのだから、そのままずっと住んでいた方が楽であるというように考える人もたくさんいるはずです。
その考えも決して間違っているわけではありません。

しかし買い替えの為の購入とマンション売却を積極的に行った方がもっと有意義な生活を送ることができるようになるのです。

具体的にどういうことかと言うと、例えば現在住んでいる部屋に飽きてしまう可能性があります。
毎日同じ家にいるので、環境を変えてみたいという気持ちがあふれてくることも全く不思議ではないということです。

そんな時に今住んでいるマンションを売却して、新しい物件を購入することは面倒であると考え、行動に移さないと一生後悔してしまいます。
なぜかというと人生は一度きりだからです。

ずっと同じ家に住んでいて退屈を感じ、つまらないなあと思いながら何十年も生活していくことを想像してみて下さい。
恐ろしいとしか言いようがありません。

そのため買い替えを積極的にするべきなのです。
時期については考える必要がありますが、人生を豊かにする方法の一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です