耐震工事・断熱工事・バリアフリーリフォーム費用の補助金

一般にリフォームとは、住宅の改装や改築といった、特に建物の内装、外装の改造を差す場合のことであります。

即ち、既設の物や建物を”作り直す”という意味であす。
一般には「住宅リフォーム」ともいいます。

その、住宅増改築の主なものとしては、雨漏りや外壁の取り替え、住宅設備(キッチン、浴室などの水周り主体)の取り替え、修繕、それに今の住宅の床面積や部屋を増やす(増築)といったものもあり、他にも省エネ性能の強化(サッシや壁などの断熱効果)もそうで、中には耐震性の強化(補強工事など)もあります。

特に、日本は地震国家であることは周知ですが、近年、阪神・淡路大震災(平成7年)や東日本大震災-(平成23年)が発生したこともあって、一般の木造住宅の耐震性が見直されております。

因みに、自宅が耐震基準を満たしているかということは、「新耐震基準を満たしているか」ということでもあり、専門家による耐震診断を受ける必要もあります。
もし耐震工事を行う場合は地方自治体によっては何割かのリフォーム費用の補助金も出ているようです。

参考:断熱リフォーム 補助金

他にも、昨今では高齢者の人口割合も増えてきていて、老人世帯や一家族に老人が住む度合いも増えているのは実情です。
其れにともなって住宅では老人や身障者のためのバリアフリー化のリフォームなども多くなってきております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です