羽生結弦選手、全日本を欠場

羽生結弦選手が23日から行なわれる全日本フィギュアスケート大会を、インフルエンザの治療の為に欠場すると発表しました。
グランプリファイナルで男女通じて初の4連覇を成し遂げ、SPでは今季最高得点をマークした羽生結弦選手。
フリーはジャンプのミスが目立ち3位でしたが、SPの貯金で見事に優勝しました。

日本に帰国し、インタビューに応じた羽生結弦選手は、宇宙を丸ごと飲めるほど悔しいと自分の気持ちを語っていました。
報道ステーションの長野智子さんとの対談では、次は神る!とまで言っていたのに。

本人の気持ちを考えたら何ともいたたまれなくなってしまいます。
全日本の試合は世界選手権の代表選考も含まれており、とても大事な試合です。

全日本で優勝した選手は、世界選手権の切符を手にする事が出来るので、全日本に向けてどの選手も猛練習していると思います。
色々と免除される部分もあるので 、羽生結弦選手の世界選手権の代表は間違いないとは思いますが、競技終了後に名前をコールされるまではドキドキで仕方ありません。
来年の世界選手権は、オリンピックの代表枠がかかる大事な試合なので、日本のエース羽生結弦を出さないとは考えにくいです。

羽生結弦選手はファン思いなのできっと申し訳ないと自分を責めているかもしれません。
ファンは羽生結弦選手を待っています!
早く元気になって、神る羽生結弦選手を見せて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です