シャトルは低く、ラリーは速く。日本ユニシス上田拓馬。

今回、取り上げる選手はバドミントン男子シングルス上田拓馬選手(28歳、日本ユニシス所属)です。
今バドミントン男子シングルス日本代表は、桃田賢斗選手が復調途上のため群雄割拠の状態になっています。

ただ本来なら桃田賢斗選手がいたとしても、上田選手は本来は代表のエースとして頑張れる選手と言われていました。
2014年のトマス杯では団体戦世界一のメンバーとして活躍していましたがしばらく不振に喘ぎ現在に至っています。

今年度のランキングサーキット決勝で桃田賢斗選手と死闘を繰り広げました。
この試合では、上田拓馬選手本来のラリーができた故に大熱戦となりました。

本来の低いドライブからの攻めからの最後スマッシュで決めきる、低いラリーをすることで相手が我慢できず簡単にかけてしまう球を打ち切る。
まるでダブルスのようなプレイをひとりでしている。
故に負担が大きく不振が続いているのかもしれませんが、まさに上田拓馬ならではのバドミントンを展開していました。

残念ながらファイナルセットでこの試合を落としてしまいましたが、それでも今度こそ復調のきっかけをつかんだと思います。
上田拓馬選手は年齢が今で28と東京オリンピックの時点ではピーク過ぎてしまっているかもしれませんが、若い世代の代表への壁となってまでも立ちはだかっていてもらいたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です